闇金の借金は踏み倒せるか

闇金の借金は解決すれば全額踏み倒すことが可能なの?

闇金の借金は解決すれば全額踏み倒すことが可能なの?

 

闇金の借金を全額踏み倒す

 

違法業者ではない一般の銀行や消費者金融からお金を借りた場合は、計画的に返済することが求められます。

 

 

 

闇金業者の場合、契約そのものが法に反することから無効となるため、返済する必要がありません。最初から違法な業者を利用しないことが大切ですが、借金を全額踏み倒すことは不可能ではありません。

 

 

 

闇金業者を利用したはいいが、返済に滞り取り立てを恐れて逃げようとする人のトラブルが多く発生しています。利用しないことが最善策ですが、利用してしまった場合は仕方がありません。

 

 

 

借りたものはきちんと返すことが常識ですが、違法な貸金業との契約は異なります。本人が借りた額を全額残した状態のまま踏み倒すことは、確かに不可能ではありません。

 

 

 

しかし自分だけの問題で済まず、周囲の人に被害を与えてしまうことを理解しなければなりません。業者は本人からお金を取ろうとあの手この手を使いますが、ターゲットは本人だけではありません。

 

 

 

多重債務者であれば支払いができなくなるまでに時間がかからないことは明白であり、悪徳業者は最初から理解しています。

 

借金をさせる業者のターゲット

 

借金をさせる業者が真のターゲットとしているのは、本人の周囲にいる身内からお金を取ることです。

 

 

 

顧客情報を利用すれば家族を特定することは可能であり、被害が第三者に及ぶことになるでしょう。本人が踏み倒しをした場合、家族の職場に督促の電話がかかるようになります。

 

 

 

親しい友人や同じ職場の同僚が狙われるケースもあり、事態が悪化してしまうのです。取り立てだけでなく、たとえば職場に注文していないデリバリーのピザが届けられるなどの嫌がらせ行為もエスカレートします。

 

 

 

金銭的な破綻だけでなく人間関係の破綻にもなりかねないため、デメリットが大きいのです。

 

闇金の借金は解決すれば全額踏み倒すことが可能なの?

 

踏み倒しを考えなければならないほど困っているのなら、ジャパンネット法務事務所などの専門家に依頼すると良いでしょう。

 

 

 

闇金問題を専門とする司法書士に相談することで、取り立てや嫌がらせ行為を止めさせることができます。

 

 

 

元金は返済する必要はなく、業者との交渉時に改めて返済の義務がないことを確約させます。督促の電話が続くようであれば、その都度司法書士に相談して法的な圧力をかけてもらうことをおすすめします。

 

 

 

借金の全額踏み倒しをした場合、闇金業者は本人の周囲の人間をターゲットにして執拗な行為を繰り返すでしょう。

 

 

 

完全に問題を解決するためには、専門家である司法書士を頼ることが確実な方法です。