闇金被害の相談に乗ってくれるNPO法人について

闇金被害について相談に乗ってくれるNPO法人の特長と注意点

闇金被害について相談に乗ってくれるNPO法人の特長と注意点

 

闇金被害相談はNPO法人

 

トラブルが後を絶えない闇金トラブルですが、被害に遭わないためには最初から利用しないことです。

 

 

 

しかし金銭的な事情や甘い誘惑に負けてしまし、違法なものと知りつつ手を出してしまう人が存在します。

 

 

 

闇金被害に関する相談はNPO法人が受け付けているため、万が一の場合は積極的に利用してください。

 

 

 

日本全国には、闇金被害から救済をしてくれるNPO法人が多数存在します。種類も様々ですが、弁護士や司法書士による法人が代表例です。

 

 

 

NPO法人と聞くとまるでボランティア団体のように聞こえますが、報酬は発生するため支払う必要はあります。費用がかかるのは法律事務所などに依頼する場合でも同様であり、問題解決のために動いてくれるありがたい存在になります。

 

 

 

丁寧なアドバイスをもらうことができ、生活の建て直しをサポートしてくれることが特長です。闇金を利用してまでお金が必要な状態であれば、まずは生活レベルや収入を見直さなければなりません。

 

 

 

必要に応じて弁護士または司法書士を紹介してもらえるため、どの事務所に相談すれば良いか判断できない場合にも適しています。

 

悪質なNPO法人には注意

 

しかしNPO法人の中には悪質なものがあり、闇金業者以上に注意しなければならない場合があります。

 

 

 

悪質な法人はお金に困っている人をターゲットに絞り、甘い言葉を使って勧誘行為をします。こちらから頼んでいないのにやたら馴れ馴れしく連絡をしてくる場合、悪質である可能性が極めて高いため無視すべきです。

 

 

 

大胆なケースとなると、大きなポスターやチラシを使って目立とうとします。善良なNPO法人を装い壁にポスターを貼ることが多いですが、消費生活センターに貼り付ける場合が増えています。

 

闇金被害について相談に乗ってくれるNPO法人の特長と注意点

 

また非常に残念なことに、悪徳法律家と手を組んでいる最悪のケースもあるのです。本来なら弱い立場の者を守るはずの弁護士や司法書士が、相談者からさらにお金を取るために連携しています。

 

 

 

そのような場合は資格を持たないものが勝手に法律家を名乗ることがほとんどであり、悪徳NPO法人にお金を流しているのです。

 

 

 

救済のために存在する法人のすべてが悪いわけではありません。しかし、ただでさえ経済的に厳しい状況で罠にハマることは避けましょう

 

 

 

善良なNPO法人であれば相談者の話を親身になって聞き、適切な形で法律家を紹介するなど解決のために動いてくれます。

 

 

悪徳や業者や資格を持たない偽法律家と裏で手を組んでいる場合もあり、被害を大きくしてしまうため注意して利用してください