闇金業者が取り立てにきた場合

身内の借金について闇金業者が取り立てにきた場合どうしたら?

身内の借金について闇金業者が取り立てにきた場合どうしたら?

 

身内の借金

 

自分自身では利用していなくても、家族や親しい友人などの身内が闇金を利用してしまうこともあるかもしれません。

 

 

 

悪質な業者であれば借りた本人ではないのに取り立てに訪れることもあり、他人事ではありません。身内の借金が発覚したい場合、説教は後回しにして司法書士などのプロに相談してください。

 

 

 

闇金は法外な利子で貸し付けを行い、適切な登録を行っていないため明らかな違法行為となります。どんなにお金に困っていたとしても絶対に利用してはならず、鉄の意志を持つことが大切です。

 

 

 

しかし自分ではなく、身近にいる身内が隠れて利用してしまうケースが存在します。悪徳な闇金業者は借りた本人でなくとも、家族などの周囲の人間からお金を取ることを最初から計画しているのです。

 

 

 

たとえば家族の中に闇金に手を出した者が一人でもいれば、自分が被害者となる可能性を否定できなくなります。金銭的な破綻だけでなく、周囲を巻き込むことで人間関係まで破綻してしまう最悪の事態が訪れてしまいます。

 

 

 

家族への取り立て行為はもちろん、家族の職場にまで連絡を入れる執拗な手口も珍しくありません。回線がパンクするほどの電話が続けば、業務に影響が及び大きな被害が発生します。

 

闇金業者が取り立てにきた場合

 

闇金業者が取り立てにきた場合、ウイズユー司法書士事務所を利用すると解決につながるでしょう。

 

 

 

公式サイトには無料で行えるメール相談があり、まずは詳しい状況を伝えてください。借りている本人でないのに大きな被害にあう前に行動することが重要であり、本人にも相談するよう促すと良いでしょう。

 

 

 

頻繁な取り立て行為に対して、専門家である司法書士が交渉と対処をしてくれます。受任契約を締結後、法律家が第三者として関わるという事実が発生します。

 

身内の借金について闇金業者が取り立てにきた場合どうしたら?

 

これにより業者の取り立ては違法なものとなり、極めて悪質でない場合ならこの時点で電話などがなくなるはずです。

 

 

 

実績のある司法書士であれば、闇金業者が相手でも臆することなく強い態度で交渉を行ってくれます。執拗な取り立て行為を止めさせるだけではなく、元金の返済についても一切行う必要がなくなるのです。

 

 

 

本人であっても身内であっても、生活が壊れてしまえば人生そのものに大きく影響が及ぶのです。問題解決後は、身内と縁を切るか厳しく接するなどは各々の判断に委ねられます。

 

 

 

まずは自分自身では絶対に闇金を利用しないことですが、身内によるトラブルが発生した場合すぐに対処してください。実績のある司法書士であればすぐに動いてくれるため、スムーズに解決へと向かうことが可能です。