闇金業者の家族や親戚への取り立て

闇金業者が自分の家族や親戚へ取り立てに行くのはいつ?

闇金業者が自分の家族や親戚へ取り立てに行くのはいつ?

 

闇金業者が家族や親戚に取り立て

 

もしも闇金からお金を借りてしまった場合、最悪の場合自分だけの問題では済まなくなります。業者は顧客の情報から周囲の人間を特定し、家族や親戚にまで返済を迫るため取り立てを行うのです。

 

 

 

タイミングは主に二つあり、本人から取り立てができなくなったときと着信拒否などで連絡が取れないときに身内を狙います。

 

 

 

闇金業者の取り立ての手口は悪質であり、執拗であることが特徴です。自宅まで訪れてドアを何度も叩いたり、しつこく督促の電話やメールを行うなどは当たり前です。

 

 

 

本人が責任を取るべきですが、精神的に追い込まれると逃げてしまうことも仕方がありません。かと言ってそれで解決につながるわけではなく、業者は本人の家族や親戚を次のターゲットにします。

 

取り立てに行くタイミング

 

家族や親戚などの身内に対して取り立てに行くタイミングですが、本人への取り立てができなくなったらすぐです。

 

 

 

借りた本人に返済できる能力がなく、また行方を晦ますことがあるためです。闇金を頼るほどお金に困っている人の心理であれば、家族に相談もせず逃走しても不思議ではないのです。

 

 

 

取り立ては自宅まで訪れるだけでなく、督促の電話を何度も入れる方法もあります。

 

闇金業者が自分の家族や親戚へ取り立てに行くのはいつ?

 

プライベートな時間など関係なく、執拗に電話をかけてくるため本人が着信拒否をする場合があるでしょう。本人と連絡を取ることができない場合、業者は容赦なく周囲の人間を狙います

 

 

 

顧客情報があれば身内を割り出して取り立てに行くのは難しくなく、タイミングはすぐと言って過言ではありません。

 

DUELパートナー法律事務所

 

どのようにして対処すれば良いかですが、DUELパートナー法律事務所を頼ると解決することが可能です。

 

 

 

まずは公式サイトにアクセスし、無料で行えるメール相談を利用して取り立て行為の被害を伝えてください。対応する弁護士は非常に優秀であり、専門的に問題を解決してきた実力と実績を兼ね備えています。

 

 

 

違法な行為を止めさせるためには、法律家が法的な圧力をかけて交渉を行うことが有効です。督促の停止や返済停止はもちろんのこと、迷惑行為を止めさせるよう交渉してくれます

 

 

 

被害が大きければ、警察と連携した対応を視野に入れ、業者の口座や電話番号を締結停止まで行ってくれるので安心です。相談者も取り立てに来た相手を撮影するなどして、証拠を揃えておくとより良いでしょう。

 

 

 

家族や親戚など身内が被害を受けるタイミングは、利用した本人が返済できなくなればすぐに訪れます。はじめから闇金を利用しないことがベストですが、困っているのなら躊躇せずプロに相談してください