闇金に手を出す前に活用したい失業保険

闇金に手を出しそうになったら活用したい失業保険の制度

闇金に手を出しそうになったら活用したい失業保険の制度

 

失業保険の制度

 

生活に困り闇金を利用してしまう人の中には、職を失ってしまった場合があるかもしれません。かと言って違法な金融業者と関係を持つことは、最悪の場合人生を壊してしまうため、絶対に避けるべきです。

 

 

 

法外な利子率で借金をするくらいなら、失業保険制度を利用しつつ新たな職を探す方が良い生活を過ごせるでしょう。

 

 

 

失業保険は誰でもすぐにもらえる制度ではなく、手当てを受給するためには条件があります。

 

 

 

就職する意志と能力があり、ハローワークなどで求職活動を積極的に行っていることが求められます。離職日以前の2年間に、被保険者期間が12カ月以上あることも条件となります。

 

 

 

気をつけるべきポイントですが、雇用保険上は退職したことは失業とは扱われません。しかし働きたい意思があって転職活動を行っている場合、失業保険の給付が認められます。就業状態とみなされる場合は給付されないため、気をつけてください。

 

失業保険の受給

 

保険を受けるためには、近くにあるハローワーク事務所で手続きを行う必要があります。

 

 

 

雇用保険被保険者離職票の他、印鑑や顔写真が必要となるため忘れずに持参してください。身分を証明するためにはマイナンバーカードが便利であり、銀行の通帳も必要です。

 

 

 

手続きの初日からすぐに受け取ることができるのではなく、数週間後に説明を受ける機会があります。

 

 

 

説明と同時にスタッフから求職活動計画書を渡されるため、内容に沿った求職活動を行ってください。初回の説明会から数週間後、第1回目の失業認定日となります。

 

闇金に手を出しそうになったら活用したい失業保険の制度

 

ちなみに手当ては一括でもらえるわけではなく、4週間ごとにチェックが行われます。安定した職を手にできれば闇金に頼る必要はなく、恐怖の取り立てや嫌がらせ行為に苦しむことはないでしょう。

 

 

 

しかし日本の終身雇用は崩壊していると言われており、正社員になることは楽ではありません。派遣社員はいつ契約を切られるかわかりませんし、フリーター生活は安定しているとは言い難いです。

 

 

 

時間があるのなら求職活動を続けつつ、資格の勉強を行うと良いかもしれません。

 

 

 

間違えても闇金に手を出すことだけは控えるべきであり、何一つ良いことはありません。一時的にまとまったお金を手にできたとしても、業者から執拗に追われる身となるだけです。

 

 

 

働く意思があるのならば、闇金融を利用するのではなく真面目に求職活動を行いましょう。活動期間中で条件を満たしている限りは失業保険の手当てを受け取ることができるため、あきらめずに続けてください。