闇金を警察へ通報しても解決するか

闇金に困っている時に警察へ通報しても解決しない場合あり?

闇金に困っている時に警察へ通報しても解決しない場合あり?

 

闇金は警察へ通報しても解決しない

 

もしも闇金トラブルに遭ってしまった場合、警察を頼れば解決できると考えている人が多いようです。

 

 

 

確かに身の危険を感じた場合は通報することが有効な手段ですが、根本的な解決にはつながらない場合があります。

 

 

 

ベストなのは闇金対策に力を入れている弁護士や司法書士への相談ですが、判断のうえ通報することは大切です。

 

 

 

闇金に関するトラブルは法律問題に該当するため、解決の専門家となるのは法律家である弁護士や司法書士となります。事態を根本的に解決したいのであれば、法律事務所に相談することをおすすめします。

 

 

 

日本の警察は優秀と言われていますが、場合によっては動いてくれないこともあります。

 

 

 

警察は日本の令状主義に基づき動くことが原則であり、逮捕状か明らかな違法行為が目の前で起こる場合の現行犯での逮捕となります。逮捕状を取るためには証拠が必要となり、闇金業者からただしつこい取り立てがあると相談しただけでは難しいでしょう。

 

身の危険を感じた場合は迷うことなく通報

 

しかし警察がまったく頼りにならないわけではなく、身の危険を感じた場合は迷うことなく通報してください。

 

 

 

違法な取り立て行為は弁護士によって止めさせることが可能ですが、悪質な場合な110番を入れて問題ないでしょう。

 

 

 

具体的には脅迫的または暴力的な取り立て行為であり、実写のドラマや漫画にあるような怖い場面を連想するとわかりやすいでしょう。向こうが高圧的な態度で要求をしてくる場合、逮捕まで踏み切るかは別として通報者を守ってくれるはずです。

 

闇金に困っている時に警察へ通報しても解決しない場合あり?

 

ですが残念なことに警察の努力と犯罪の手口は、まさにいたちごっこ状態と言えます。つまり悪質な闇金業者の場合、邪魔をする第三者を介入させないようあの手この手を使ってくるのです。

 

 

 

取り立ては高圧的な態度ばかりでなく、冷静な口調で正論を述べて相手を確実に追い詰める方法を取ります。警察としても債務者に対する恫喝と判断できず、身の危険があったのかハッキリしないケースが起こり得ます。

 

 

 

有効な手段として、電話や自宅までの取りたて行為を録音録画して証拠を残すことが重要です。

 

 

 

動かぬ証拠があれば警察も動かざるを得ず、ボイスレコーダーや防犯カメラを用意すると良いでしょう。スマホに直接電話がかかってきた場合、標準機能の録画やアプリケーションのもので構いません。

 

 

 

一時的な解決では意味がないため、闇金トラブルを完全に解決するためには法律事務所に依頼する他ありません。身の危険を感じた緊急を要する場合は躊躇せず警察に通報し、身の安全を確保してください。