闇金問題の相談に乗ってくれる公的機関について

闇金の問題について相談に乗ってくれる公的機関について

闇金問題の相談に乗ってくれる公的機関について

 

闇金の相談に乗ってくれる公的機関

 

金銭的な事情から悪いと知りつつ闇金を利用してしまい、後々困ってしまう人が存在します。

 

 

 

トラブルが起きてしまった場合は弁護士や司法書士に相談すべきですが、公的機関でも相談に乗ってくれるところがあります。

 

 

 

いざと言う事態に備え頼りになる存在が多いことに越したことはなく、有効活用して解決を試みましょう

 

弁護士会と司法書士会

 

相談に乗ってくれる公的機関ですが、まずは弁護士会を頼ると良いでしょう。

 

 

 

弁護士は法律問題を取り扱うプロであり、闇金トラブルに強い優秀な先生も多数です。

 

 

 

機関は各都道府県ごとに一ヶ所設置されており、面談による法律相談と解決のため弁護士の紹介を行っています。

 

 

 

法律事務所では相談料が無料であることが多いですが、弁護士会では数千円ほど料金がかかる場合があります。しかし確実に闇金トラブルに力を入れている弁護士を相談してもらえるため、解決のためには安い費用のはずです。

 

 

 

弁護士会同様、司法書士会も各都道府県に一ヶ所は設置されています。闇金に関する法律相談と司法書士の紹介を行っており、内容は弁護士会と大差ありません。

 

法テラス

 

相談が無料である方が、都合が良い場合、法テラスを利用することがおすすめです。

 

 

 

無料での法律相談だけでなく、弁護士費用の立て替えも行われています。苦渋の果てに闇金を頼ってしまう人ならば、経済的に余裕がなく弁護士に費用を支払うことができないことも不思議ではありません。

 

闇金問題の相談に乗ってくれる公的機関について

 

法テラスを利用する場合、ある一定の収入以下である必要があるためすべての人が可能なわけではありません。まずは電話で予約を入れ後日面談による直接相談となり、30分の相談が最大3回まで無料で行われます。

 

消費生活センター

 

的確なドバイスをもらいたい場合、消費生活センターへの相談も良いです。

 

 

 

しかし他の機関とは異なり、対応してくれる職員は問題解決のプロではありません。消費アドバイザーや消費生活コンサルタントが相談に乗ってくれますが、その場では直接的な動きはなくアドバイスで終わるはずです。

 

 

 

生活レベルの見直しは違法な金融業者の利用を防ぐことにもなるため、不安であれば役に立つでしょう。

 

 

 

身の危険を感じたうえで証拠が揃っているのなら、警察に被害届を出すことも有効です。日本の警察は優秀だと評価されていますが、証拠がなければ動いてくれない場合もあるため注意が必要です。

 

 

 

法律家が所属する事務所に相談と依頼をすることが最善ですが、公的機関の利用も重要でしょう。

 

 

 

一人で抱えきれない悩みであれば、まずは相談できる相手を見つけて素直に頼ることが解決への近道です。