悪質な闇金を警察に摘発してもらえるか

悪質な闇金を警察から摘発してもらうことは可能なのか

悪質な闇金を警察から摘発してもらうことは可能なのか

 

悪質な闇金業者

 

違法な闇金は存在そのものが社会にとって害であり、軽い気持ちで利用して困ってしまう人が存在します。

 

 

 

明らかな違法であるため、条件さえ整えば警察に摘発してもらうことで逮捕となる場合はあるでしょう。

 

 

 

しかし現実的には難しい部分もあり、相談者自らが証拠を揃えることで可能性を高くすることができます。

 

 

 

悪質な闇金業者は許されるものではなく、債務者に対して取り立てや嫌がらせを当たり前のように行います。違法な行為が目の前で行われていれば、裁判所からの令状がなくとも現行犯による逮捕が可能です。

 

 

 

ですが闇金業者もプロであり、あの手この手を利用して逃れようと必死なのです。かと言ってまったく摘発が不可能であるわけではなく、証拠を揃えることが重要となります。

 

業者との会話を録る

 

ボイスレコーダーかスマートフォンに搭載されている録音機能を利用して、業者との会話を録ることをおすすめします。会話の内容を記録として残すことができ、脅すような内容であれば動かぬ証拠となります。

 

悪質な闇金を警察から摘発してもらうことは可能なのか

 

執拗な督促の電話は精神的なストレスとなり、状況によっては様々な請求や責任を求めることができるかもしれません。相手が暴力的な行いをした場合、通報することもできますし後から被害届を提出することも可能です。

 

 

 

現行犯でない限りはやはり証拠が必要ですが、録音の場合と同様に録画すると良いでしょう。自宅の玄関に防犯カメラを設置し、暴行や器物損壊があった場合の証拠にすると業者は言い訳できません。

 

弁護士と連携を取ってもらう

 

確実に摘発に向けて警察を動かすためには、弁護士と連携を取ってもらうことも有効な方法です。DUELパートナー法律事務所のように闇金に強いプロであれば、即時に対策をしてもらえます。

 

 

 

現実的に受けた被害を含めて相談することで、トラブル解消を期待できるのです。弁護士は法律のプロであり、業者に対して様々な圧力をかけることができる立場にいるのです。

 

 

 

悪質なケースでありかつ証拠の数が多いほど、摘発に向けてスムーズに動くことができるのです。もちろん取り立て行為を止めさせるのに最も有効であり、その後の心配もなくなります。

 

 

 

ただ恐怖を感じる生活を続けるのではなく、自分からも行動を起こし業者から開放されて平和な日常を取り戻すべきです。

 

 

 

警察に摘発してもらうためには通話の録音や映像の録画が必要となり、証拠を最大限に活用すると可能性が大きくなります。

 

 

 

弁護士に相談しつつ、連携を取ってもらうことで悪質なケースをなくすことは社会にとっても重要です。