闇金は弱点だらけ?

闇金は弱点だらけ?しっかり対策すれば合法的に勝つことも可能

闇金は弱点だらけ?しっかり対策すれば合法的に勝つことも可能

 

闇金業者に合法的な手段で勝つ

 

理不尽な闇金業者に合法的な手段で勝つことは十分可能であり、プロの法律家に依頼することでトラブルは解消されます。

 

 

 

問題の相談を受け付けている司法書士であれば、しっかりと対策を取ってくれるため、心強いでしょう。

 

 

 

実は闇金業者には弱点があり、法律家であればそこを突くことで有利な状況に持ち込み交渉も可能なのです。

 

 

 

違法な闇金業者は許させるものではなく、様々な手口を使って債務者からお金を取ろうとします。警察も違法と知りつつも簡単に手を出すことができず、逃げられるケースもあります。

 

 

 

しかし司法書士に相談することで、業者の弱点を利用して取り立てや嫌がらせ等を止められるのです。

 

 

 

様々な闇金トラブル解決に力を入れているウイズユー司法書士事務所を例に、具体的な対策を見てみましょう。

 

重要となるのは相手との交渉

 

重要となるのは相手との交渉であり、実績と経験が豊富な司法書士であれば最後まで戦ってくれるでしょう。

 

 

 

利用者本人がクレームを入れたところで相手にしてもらえず、場合によっては恐喝被害に遭うかもしれません。プロの法律家である司法書士が本人に代わり介入することで、相手も簡単に手を出すことができなくなります。

 

業者の弱点

 

業者の弱点ですが、一つは利用している銀行口座を凍結させることです。認定司法書士が申し立てを行うことで、合法的に相手の口座を凍結させることができます。

 

 

 

債務者からの支払いを口座で受けている場合、受け取りができなくなるため業者にとっては大きなダメージと言えます。できるだけ早いタイミングで相談することが有効であり、凍結となるスピードも上がるためです。

 

 

 

もう一つの弱点ですが、業者が利用してる携帯電話を解約または停止させることです。

 

闇金は弱点だらけ?しっかり対策すれば合法的に勝つことも可能

 

まず違法な闇金業者は、本来義務付けられている固定電話を設置していない場合がほとんどです。店舗を持たない090金融と呼ばれる形態もありますが、いずれの場合も携帯電話により連絡を行っています。

 

 

 

執拗な督促電話の被害をなくすことができ、合法的に圧力をかけて精神的に追い込むことができるのです。

 

 

 

司法書士がこちらの有利となる状況を整えてくれれば、後は取り立てを今後行わないよう交渉を進めるだけです。嫌がらせ行為を止めさせるのはもちろんのこと、元金を返金する必要もないため綺麗に解決できます。

 

 

 

闇金業者は決して無敵ではなく、法的な圧力をかけられることが最大の弱点です。一人で戦うのではなく、確実にトラブルを解決するために司法書士に相談のうえ依頼することが最善策でしょう。