生活のためのお金がない場合は闇金より生活保護を活用しよう

生活のためのお金がない場合は闇金より生活保護を活用しよう

生活のためのお金がない場合は闇金より生活保護を活用しよう

 

闇金より生活保護

 

お金がなく生活に困窮しているのであれば、生活保護の申請を考えるべきです。

 

 

 

健康で文化的な生活を営めるよう最低限度の保障が憲法上にもあるように、申請は悪いことではありません。生存権を無視してまで闇金を利用することは愚かなであり、制度を活用して生活を安定させることが重要です。

 

 

 

闇金業者はお金がなく生活に困っている人の味方ではなく、むしろそうした人たちを苦しめるために存在します。

 

 

 

法律で定められた範囲内の利子で貸金業を行う一般の業者ならまだしも、闇金だけは何があっても利用してはいけません。生活に困っているのなら、状況に応じて生活保護制度を利用することです。

 

生活保護制度の仕組み

 

生活保護は厚生労働省の定めにより、希望する者が資産や労働能力をすべて用いても生活が厳しい場合に認められます。

 

 

 

希望者の生活レベルを確認し、必要に応じて保護を行う制度です。憲法により生存権があり、健康で文化的な生活を国民が送れるように最低限度の保障が存在するのです。

 

 

 

制度は誰でも利用できるわけではなく、いくつかの条件を満たさなければ認められません。

 

生活のためのお金がない場合は闇金より生活保護を活用しよう

 

保護を受ける前に自らの資産を活用することが第一にあり、売却などして生活費に充当することが考えられます。世帯の中に働ける者がいる場合、能力に応じて勤めなければなりません。

 

 

 

扶養義務者の存在も無視することができず、できる限りの援助があることも欠かせません。他に利用できる制度がある場合、優先して活用することも求められます。

 

生活保護を受給する資格

 

上記の通りであっても生活を営むことが厳しい場合、受給する資格があります。

 

 

 

生活保護を受けることに悪いイメージを持つ人がいますが、それは誤解です。有名タレントや在日外国人による不正受給のニュースが多く報道されますが、受け取るべき人が受け取ることは何ら悪くありません。

 

 

 

注意すべきなのは、万が一生活保護を受けていながら闇金を利用している場合です。闇金からの融資であっても収入とみなされ、最悪の場合生活保護が停止してしまうでしょう。

 

 

 

違法な金融業者を利用するくらいなら、弁護士か司法書士に相談してください。生活保護の申請は条件を満たしたうえで各々が行い、取り立てに悩んでいるのなら法律家を利用すべきです。

 

 

 

国が認めている制度を利用することをためらう必要はなく、状況に応じて正しい判断を行うことです。違法な闇金を利用して生活を立て直すことはできず、制度として認められている生活保護を活用した方が良いでしょう。

 

 

 

申請について不明な点があれば、役所に訊ねながら必要な準備を進めましょう